読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3行読書録

だいたい3行くらいで読んだ本の記録をつけていきたいブログ。サスペンスが特に好きです。

仮面山荘殺人事件(ネタバレ含む)

仮面山荘殺人事件
東野圭吾講談社文庫)


▼あらすじ(ネタバレなし)
婚約者の朋美を交通事故で亡くしたばかりの男、高之と、朋美の家族らが避暑のため山荘に集まった。
そこへ逃亡中の銀行強盗が押し入り、彼らを軟禁。
極限の緊張感に包まれた奇妙な空間に、ふいに朋美の事故死を疑う声が響きわたる。


▼感想(ネタバレなし)
こっちは朋美の死の真相が気になってるのに、強盗邪魔!とヤキモキして見事に目論みにハマりました。
驚きはあったのですが、未だにオチを消化しきれてないので、
誰かスッキリする答えを教えてください、という気持ち。



※以下、未読の方にとっては作品の観賞を台無しにしかねないネタバレを書いています。

ネタバレ閲覧は自己責任でお願いいたします。
 
そして出来れば、未読の方はここで引き返して、
先に本編を読むことをおすすめしたいです。

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

続きを読む

悪いものが、来ませんように(ネタバレ含む)

悪いものが、来ませんように
(芦沢央/角川文庫) 


▼あらすじ(ネタバレなし)
紗英と奈津子は、家庭に悩みを抱えている女性。
そんな二人は、お互いを心の拠り所とするとても親密な関係だった。
ある時、紗英の夫が死体で発見される。様々な人物の証言を交えて、彼女たちを取り巻いていた人間関係の闇が見えてくる。
 

▼感想(ネタバレなし)
生々しい女性の世界。ご近所の闇というか、終始昼ドラを見ているような印象でした。
証言インタビューも女の人の井戸端会議をそのまま聞いてるようなリアルさ。
不妊、浮気、実母との確執といった種類のものではありますが、
サスペンスの肝である『どんよりとした重さ』は充分に味わえます。



※以下、未読の方にとっては作品の観賞を台無しにしかねないネタバレを書いています。

ネタバレ閲覧は自己責任でお願いいたします。
 
そして出来れば、未読の方はここで引き返して、
先に本編を読むことをおすすめしたいです。

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

続きを読む

湖底のまつり(ネタバレ含む)

湖底のまつり
泡坂妻夫創元推理文庫


▼あらすじ(ネタバレなし)
傷心旅行で山合の峡谷を訪れた紀子は、晃二という男と運命的な出会いを果たす。二人は一夜を共にする。
翌日、彼の姿はなく、近くの村人は晃二という男はひと月前に毒で死んだと言う。
紀子は思う、自分と寝た男は村人の言う晃二ではなかった。では、一体誰だったのか。


▼感想(ネタバレなし)
これ、文体がとにかく本当に綺麗です。
絵画的で文学的。詩的な意味での非日常モノ。騙し絵というキャッチコピーがついていたのにも納得。
ミステリーと文学的幻想が混ざって一粒で二度美味しい。



※以下、未読の方にとっては作品の観賞を台無しにしかねないネタバレを書いています。

ネタバレ閲覧は自己責任でお願いいたします。

そして出来れば、未読の方はここで引き返して、
先に本編を読むことをおすすめしたいです。

湖底のまつり (創元推理文庫)

湖底のまつり (創元推理文庫)

続きを読む

来訪者【新訳版】(ネタバレ含む)

来訪者【新訳版】
ロアルド・ダール田口俊樹訳/早川書房


四篇の短編が入っています。


▼あらすじ(ネタバレなし)

■来訪者
一生をかけてありとあらゆる女性を口説き落としたとされる叔父は、膨大な日記を遺していた。
その日記にはとても信じられない程の女性との体験談がびっしりと……。


■夫婦交換大作戦
ばれないようにこっそり妻を入れ替えてセックスしようぜっていう話。
わりとそのまんま。


■やり残したこと
夫を交通事故で亡くしたことで鬱と自殺願望に苛まれていた女性がいた。
ふとしたきっかけで、元彼と再会することになったが……。


■雌犬
『来訪者』で登場した叔父さんが、すっごい媚薬で悪巧み。
具体的には、大統領に媚薬を仕込んで大衆の前で大失態を演じさせようと計画する。



要点だけ書くと本当にナンセンスすぎて頭抱える。
実際の印象もそうなんだけど。



※以下、話のオチまで書いています。

ネタバレ閲覧は自己責任でお願いいたします。

そして出来れば、未読の方はここで引き返して、
先に本編を読むことをおすすめしたいです。

続きを読む

殺戮にいたる病(ネタバレ含む)

殺戮にいたる病
我孫子武丸講談社文庫)



▼あらすじ(ネタバレなし)
連続猟奇殺人事件の犯人、蒲生稔が逮捕された。
刑事の樋口は蒲生の家族の雅子の前で彼を逮捕した。
エピローグから始まり、話は蒲生稔視点の最初の殺人エピソードへと移っていく。


▼感想(ネタバレなし)
え、最初から犯人が捕まってるんだが。
なので謎解きは置いといて、単にエログロを楽しむための悪趣味な作品かと思っていた。
ラストまでは。


※以下、未読の方にとっては作品の観賞を台無しにしかねないネタバレを書いています。


ネタバレ閲覧は自己責任でお願いいたします。

そして出来れば、未読の方はここで引き返して、
先に本編を読むことをおすすめしたいです。

続きを読む